アバンセでつくる生きる力

アバンセサッカースクールについて

生きる力をサッカーを通じて身につけます。

アバンセサッカークラブは、サッカーのテクニックだけを教えているわけではありません。 サッカーは教えられたからといってすぐに上達するものではありません。 練習に練習を重ねてうまくなっていきます。そこにはつらいこと、厳しいこと、嫌なことを乗り越えてサッカーをする姿があります。やり遂げようとする意志によって上達していきます。 豊かな人生を送っていくには強い意志が必要です。子ども達にはサッカーを通じて、強い意志を持ってもらいたいと考えています。 サッカーを教材に、「上手になりたい」、「サッカーが楽しい」という気持ちを大切に、「たくましく生きる」ための「5つの力」を育んでいきます。

考える力

言われて行動するのではなく自分から進んで考え行動する「自発性」を育むことにより、子どもたちが将来夢や目標を持っていきいきと歩んでいくための「自分から」という力を身につけます。

判断する力

10歳までに善悪の判断基準ができます。何をもって善、悪とするのかを理解できるようにコミュニケーションをとります。

行動する力

「自分でできる」という喜びが行動の意欲を育てます。自分から前向きに行動できるよう「ほめる指導」を行います。

心の力

団体スポーツを通して協調性、友情、愛情、思いやりを持ち、相手の立場に立って人をいたわる力を身につけていきます。

体の力

健全な心は健康な体に宿るといわれています。サッカーを通して、元気で丈夫な体をつくりタフな集中力を育てていきます。

まずは、「一生懸命やればうまくなるよ」一声から

まずは、ポジティブに一生懸命やればうまくなるよ。という前向きな声かけをしてあげてください。子どもたちのがんばろうという意欲を大切にしてください。
サッカーの技能や運動神経は、積み重ねることでできるようになることが大半です。
10歳までに俗に言う運動神経(リズム感覚・バランス感覚)などが発達します。早いほうが良いとは思いますが、運動神経が良いけれどしっかり練習しない子よりは、運動神経は悪いけれどコツコツ努力する子どものほうが、最終的に伸びていくことのほうが多いのです。

カリキュラムについて詳しく見る

カリキュラムについて

お子さまの成長に合わせたに合わせたカリキュラムと指導方法をご用意しています。夢中で何かに取り組む体験は、心と身体の成長にとって一生のたからものとなります。
カリキュラムについて詳しく見る

あなたのお近くのスクールは?

わたしたちのスクールは地域密着型で北陸三県で30スクール以上開校していますのでご自宅の近くでお探し頂けます。
お近くのスクールを検索